« 帰宅 | トップページ | 新幹線の帰り道 »

印刷戦  ☆栃木SC☆

行ってまいりました。京都・太陽が丘。

試合は、1-1の引き分け。

雨が降ったりやんだりという事で、ピッチが非常にスリッピーでした。

このスリッピ-なピッチが試合にかなり影響したと思います。

栃木の、大きなサイドチェンジやスペースを突く縦パスが、滑って伸びてしまい、ボールがアウトになる事が非常に多かったです。それと、足元でボールが収まらない間に、印刷の激しいチャージの餌食になることも多かった。非常にラフなプレーでした。こういうラフなプレーでファールがとってもらえずに、見ていて危険なファールがかなり多かったです。

濡れた芝生の上を滑りながらスライディングしてくるのですが、勢いも加わり相当深く入ります。試合中、選手がうずくまる場面が多かった。大きな怪我人がでなくて幸いでした。この時点で、主審がクソだということが判明。ジャッジも曖昧、まったくファールの基準も分からず、試合を掌握できていませんでした。

前半は、ほぼやられっぱなし。失点も見事に中央をパス交換で突破されやられました。

栃木のゴールは、シュートのこぼれが、只木の頭上に落ちてきたのをダイレクトでシュート。

距離は30メートルちょっとあったと思います。

撃った瞬簡に、フカした!と思ったボールは何故かゴールに突き刺さっていました。

一瞬、何が起きたか分からず、沈黙。その後、ウォー!!みたいな感じでした。

後半に入ると、スリッピーな状態にも慣れ始めたのか、栃木も形が出来始めていましたが、決定機を決める事ができず。

種倉は、後半開始まもなく途中交代。只木が種倉の位置に石川大が只木の位置に入りました。前半の印刷のラフプレーで足をひねったみたいです。

若林はあまりコンディションが良くなかったのか、競り合いで勝てる場面が少なかったです。後半途中、競った際に、頭?を切って負傷退場となってしまいました。本人も相当悔しかったみたいです。

そして原の退場ですが・・・。

現場にいた、選手は勿論、ベンチ、副審、マッチコミッショナー、記録員、スタンド。あの場に居合わせた人全員が???だったのではないでしょうか?

そこにいきつくまでに、ミスジャッジ連発で、最後にコレですから・・・。

ごめんなさい。



俺、キレマシタ・・・



もうぶち切れですよ。吐きそうなほどに・・・。

この件に関しては、他のサイトでも結構書かれていますんで、書くのはやめときます。

自分自身も切り替えたいので。。。

原が退場になった後も、セットプレーの嵐。

シュウエイが体をはって頑張ってくれました!

10人になっても、引き分けで良いとは誰も思わなかったんじゃないでしょうか?ホントに勝ちたい、勝たせようと思いました。

だから、攻められっぱなしでも高秀、吉田コールが止まりませんでした。

そして、ビッグチャンスが・・。

10人、急造GKの栃木相手に、どうしても勝ち越し点が欲しい印刷は前がかりに。

そこで、カウンター!!

高秀から、吉田に渡り、吉田がGKと1対1になりましたが、途中交代の吉田はスリッピーな芝になれていなかった・・・。

ドリブルが、少し大きくなりシュートまでいけず・・・。

残念だった・・・。

とにかく、こういう試合で負けなかった事は、デカイ!

気持ち切り替えて、次ですよ。次。

|

« 帰宅 | トップページ | 新幹線の帰り道 »

「栃木SC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56951/4810359

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷戦  ☆栃木SC☆:

« 帰宅 | トップページ | 新幹線の帰り道 »