« 羽田着 | トップページ | 勝ち »

ホンダロック戦 

ロック戦

ハッキリいうと内容に乏しい試合。
ダイナミズムの欠片もなかったなぁ。
サイドに蓋をするロック。その蓋をこじ開けようとする栃木。
サイドの高い位置にボールが行くと、必ず複数でボールを奪いに来る。
奪うとすかさず、前線へクリアー。
そして、そのクリアーボールを栃木ヘディング→ロックヘディングの繰り返し。
バレーボールの様な展開だった。

ピンチらしいピンチも無く、チャンスらしいチャンスも少なく。
グリスタであの内容だったらどう感じるだろう?というのが正直なところ。
ま、そんな試合でも勝ったんだから、良いケドさ。
ただ、消えている選手が多く見受けられたので、そこは課題じゃないかな。

得点も、お決まりの健太投入後。
右サイドの健太がPエリアの角あたりから、左足でゴールに向かう様な緩めのクロスを入れて、それをケンタロウがヘッド!
で、この得点を守りきっての勝ち点3。

勝った事だけが収穫。下野さん良く書きすぎ・・・(笑)

感じた事箇条書き
・サポーター10人前後。今回は本当に少なかった。
・修栄が結構、積極的だった。ドリブル、パス、シュート。良かった。敢闘賞。
・原は安定感抜群。頼もしかった。
・宮崎は半袖OK
・ロックの24番が俺達に反応してくれました。来季またあえたら、グリスタで♪
・ハーフタイムのダンスショー。ヘソだしお姉さんが印象的。
・ロックの監督、審判に怒る。

ま、何はともあれ本当に、勝ってよかった。
遠征された、皆様、本当にお疲れ様でした。

次は、ロッソを下した好調JEFクラ。
厳しい試合に、激しい試合になるかもしれませんが、勝てるように、勝ってもらえるように、雰囲気を作りましょう。

|

« 羽田着 | トップページ | 勝ち »

「栃木SC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56951/12754730

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダロック戦 :

« 羽田着 | トップページ | 勝ち »