« サポーター健康促進プロジェクト@サポ対抗フットサル大会 | トップページ | ありがとう  DF山崎 透 »

ちょっといい話

Barca_japan

少し前の話なんですが、この写真は世界クラブ選手権のファイナル終了後の写真。バルサが負け悔しくて号泣する子供。

次の日、スペインの地元紙1面がコレ。

いつの日か、この写真のように負けて悔しくて号泣している子供、満面の笑顔の子供が下野の一面を飾るようなクラブに成長してもらいたい。

成功したときの喜び、必ず訪れる失敗したときの悔しさ、悲しさ。

思い通りにばかりいかない世の中だから、成功する為に努力するワケじゃない?

そういったものを、サッカーというスポーツを通して、栃木SCを通して子供たちに伝えられたら、どんなに素晴らしいだろう。

そんなクラブに育てたいね。栃木も。

写真の詳しい記事は↓

バルセロナが、ここ数日躍起になって探していた少年がついに見つかった。その少年とは、クラブワールドカップの決勝戦(インテルナシオナルが1-0でバルセロナに勝利)後に号泣し、12月18日付のバルセロナ寄りの『ムンド・デポルティボ』紙に一面トップで大きくそのシーンが掲載された日本人少年。バルセロナの敗戦を受け、号泣しているこの少年の反響は想像以上に大きく、20日にマスコミとの懇親会を持ったバルセロナのラポルタ会長自らが「この子を探し出してもらいたい。何らかの贈り物をしたい」と要請していた。これを受けたクラブは日本のソシオ(クラブ会員)や関係者にその少年を探し出すための協力を仰ぎ、21日にはそれが誰であったのか明らかになった。
 22日の『ムンド・デポルティボ』紙には「この少年にとって一番のクリスマスプレゼント」と題して1ページにわたる記事が掲載された。これによると、バルセロナがこの少年をカンプ・ノウの試合観戦に招待する意向であるとされており、マルク・イングラ副会長もその事実を認めている。また、この少年がロナウジーニョやバルセロナの選手と会った際には「ドウモアリガトウ」と言い、カタルーニャ語で「ありがとう」も言うだろうというストーリーも作られていた。

 この少年にとってはバルセロナからまさかのクリスマスプレゼントが贈られることとなったが、バルセロナにとっても日本の少年がバルセロナの試合結果に一喜一憂し、悲しみの涙を流している事実は敗戦の痛みを癒すものだった。クラブのみならずバルセロナの地元ファンにとっても、日本から届いた温かいクリスマスプレゼントとなって受け止められている。

|

« サポーター健康促進プロジェクト@サポ対抗フットサル大会 | トップページ | ありがとう  DF山崎 透 »

「栃木SC」カテゴリの記事

コメント

投稿: kondo | 2007.04.29 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サポーター健康促進プロジェクト@サポ対抗フットサル大会 | トップページ | ありがとう  DF山崎 透 »